バックナンバー
  • トップ /
  • 受験に勝つには昼の時間の活用

受験に勝つためのコツとして

受験生にとってはとりあえずずっと勉強しないといけないと考えてしまいますが、そんなことはありません。メリハリをつけて勉強するほうが効率的ですし、長続きします。そこで、ちょっとしたコツがあるのですが、それをうまく利用するとよいでしょう。それは受験勉強は昼の時間をうまく活用するべきです。朝は集中して勉強をしようと思うでしょうし、夜は夜でがんばろうと思うはずです。しかし、昼間はどうしてもなかだるみしてしまいます。受験勉強を長続きさせるためには、昼の時間を有効活用するとよいでしょう。たとえば、みなが昼ごはんを食べているときや休んでいるときに軽くでいいので単語の勉強をするとか、数学を少しだけ解くなどすればよいと思います。受験は午前と午後があります。しかし、普段の勉強で朝と夜だけ集中して勉強をしている人は、昼の時間の使い方ができていない人が多いのです。試験のときに頭がいつものように動けるように、日ごろから対策を立てる意味でもこの時間帯に少しでも脳を使っておくとよいでしょう。また、眠たくなる時間ですが、だからこそどう乗り切るかを普段から考えることになりますので、よりよいと考えます。ちょっとしたことで、かなり他の人と差が付くものです。

↑PAGE TOP