バックナンバー
  • トップ

受験では時間の使い方が重要

受験を志した時にまず考えるのが、「何をやるべきか」という事でしょう。内容や教材などについて情報を収集したり、悩んだりしている方も多いです。しかし、それ以上に考えておきたいのが時間の使い方です。いくら良いものを使っていても、それを使いこなせないまま試験を迎えてしまうという事では意味がありません。また、教材に目を通すだけではなく、それを自分のものとするためには繰り返す必要も出てきます。そのためには、受験に向けて効率的な時間の使い方をしていかないといけません。特に、やるべきことを確定したら、それをいつどのように行うかという事を考える必要があります。できるだけやっていこうという形だと、やらないまま積み残してしまうものが多くなってきます。締め切りを設けるなどして進捗状況を意識しておくことが必要です。さらに、一日の時間の中で勉強に使える時間がないかという事を考えていきたいものです。ちょっとした待ち時間、通学のあいだなどを勉強に使うことができれば、結果的にできることの量が増えていきます。繰り返しで知識も定着しやすくなります。受験をうまく乗り切っていくために、限られた時をどのような使い方をしていくか、考えておくようにしたいものです。

↑PAGE TOP